カラダのチェック

ご自身やご家族で当てはまることをチェックしてみてください








いかがでしたか?
上記項目は、医療機関で実際に水素を利用した予防・治療で対象として臨床研究されている項目です。

研究されているおもな疾病
高血圧、動脈硬化、高脂血症、脳卒中、脳梗塞、心筋梗塞、アトピー性皮膚炎、花粉症、ぜんそく、関節リウマチ、認知症、アルツハイマー病、パーキンソン病、各種がん疾患、眼疾患、歯周病など

医師・歯科医師によ構成された臨床水素治療研究会では、現在下記の臨床品を用いて研究行っております。

水素吸入

水素発生器を利用し、医療用吸入マスクで水素を直接呼吸により吸入します。


水素点滴

純度の高い水素を生理食塩水に溶存させ、点滴をおこないます。


水素発生剤

水素発生物質を腸溶性カプセルに閉じ込めたものです。



水素クリーム

独自の水素発生物質を含む、水素発生を目的とした低粘度のクリーム


水素バーム

独自の水素発生物質を含む、外皮上での水素発生を目的とした高粘度のクリーム


水素入浴料

独自の水素発生物質を含む、浴槽内での水素発生を目的とした粉末状の入浴料です。



        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ