バイオ水素精製における低温脱塩剤を考慮した環境影響評価

 バイオ水素はクリーンで高効率な発電が可能な燃料電池の燃料となり、環境負荷低減への貢献ができる。しかしながら、電解質の消耗や電極材料との反応による性能低下を回避するため、燃料電池に水素を組み込む際には、厳しい水素規格が存在する。不純物の代表的なものとして、ハロゲン化物があり、その中で最も塩化水素(HCl)の影響が大きいことが知られている 1)。不純物除去技術において、分散型プロセスでは低温状態がオペレーションコストや部 材の耐久性の観点から有利である。これを踏まえ、低温下(100-200℃)における HCl 除去試験を行った。脱塩性能において HAS-Clay、Clayが候補となることが分かり、環境影響(GWP と ADP)を考慮するとClayが非常に有能であることが確認できた。しかしながら、HAS-Clayは吸脱着が容易にできるメリットがあるため HCl においても検討の余地がある。

 従って、本研究ではHAS-Clayの再利用を検討した。また、上述したようにClayは環境影響が低いことが確認できているため、Has-ClayとClayにおける環境影響の比較を行った。

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 オンライン対応施設はこちら