プラズマメンブレンリアクター(PMR)の水素製造量 増量法の検討

 低炭素社会の構築には持続可能な水素エネルギーシステムが必要とされるが,水素の運搬・貯蔵に課題がある.液化アンモニアは、輸送・貯蔵法が確立していること、分子内に炭素を含まないため水素製造時に二酸化炭素を排出しないこと、重量基準のエネルギー密度(kWh/kg)と体積基準のエネルギー密度 (kWh/m3)がともに化石燃料並みに高いことから、 水素キャリアとして有望な物質のひとつである 1). アンモニアから純水素を製造する新規デバイスとして,大気圧プラズマと水素分離膜を組み合わせたプラズマメンブレンリアクター(PMR)を開発してき た 2).PMRを燃料電池に接続したシステムを自立型 とするためには,PMRの水素製造能力 500 L/h が必要である.本報告では,PMR の水素製造量増量法として誘電体粒子(ゼオライト)をプラズマ発生部に充填する方法を試みた.種々のゼオライトが水素透過に及ぼす影響を調べた.

castage
Author: castage

受付時間:10:00-17:00 (土日祝日を除く)
今すぐ公式LINEを友だち追加 メールでのお問い合わせはこちら 電話でのお問い合わせへこちら