不織布マスク使用による、肌荒れ、かぶれ対策

新型コロナウイルス感染予防としてマスクを長時間着用する機会が増えています。

特に不織布マスクの場合、呼吸に含まれる水分が充満し、肌に付着し、それが蒸発する際に角質層の水分が奪われることによって乾燥します。

また、ゴム紐による圧迫やスレ、素材によって炎症を起こすこともあります。

定期的な取り換え

不織布マスクは乾燥が進行するだけでなく、蒸れやすいため雑菌が繁殖しやすくなります。

乾燥や雑菌の繁殖を防ぐためには換気も必要です。マスクは定期的に取り換えま しょう。マスク内の衛生を保つため、可能な限り使用時間を決めてマスクを新し いものと交換するといいでしょう。

サイズや素材が合ったマスクを使用する​

使っているマスクのサイズが小さい場合も、擦れによって肌に刺激が加わること があります。

肌に刺激が加わるとかぶれや赤みなどの肌荒れが起きやすくなってしまうので、 自分に合ったサイズのマスクを使用するようにしましょう。

保湿をこまめに行う​

マスクをつける前の保湿はもちろんですが、外した際はこまめに保湿を行いま しょう。

マスクを外すとマスク内で発生した水蒸気によって、ふやけた状態の肌が外気に さらされます。このとき水蒸気が蒸発して肌の水分まで持っていかれるため、こ れを繰り返すほど乾燥しやすい状態になってしまいます。

マスク使用前使用後など、こまめに保湿ケアをおこなうことが重要です。

肌に異常がある場合は医療機関へ​

肌のトラブルが生じた際にはお近くの医療機関にご相談ください。

臨床水素治療研究会の会員施設では水素の臨床研究の一環として、炎症抑制を期待したバーム ( 保湿クリーム ) の取扱いを行っております。詳しくはお近くの会員医療機関まで。

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ