心筋梗塞予防と水素

心筋梗塞とは

心筋梗塞とは冠動脈が詰まってしまい、血流が阻害され、流れなくなってしまうこで起きる病気です。

心臓は、血液を全身に送るポンプとしての役割を担っています。

そのため、絶えず心臓の筋肉は収縮を繰り返しており、その活動に酸素や栄養を必要とします。

そしてその為の血液を供給するのが心臓を囲むように広がる血管である「冠動脈」です。

この冠動脈で、血管壁が硬くなる「動脈硬化」が進むなどし、血管の内腔が狭くなるのが「狭心症」、
完全に詰まってしまうのがる「心筋梗塞」です。

ドロドロの血液をサラサラに
血管を詰まらせてしまう原因のひとつとなるのが、ドロドロとなった血液です。

ドロドロとなった血液は赤血球が凝集し、塊の様になっています。

水素には赤血球の酸化ストレスによる凝集を防ぐ、赤血球凝集抑制作用があることがわかってきています。

つまり、水素を摂取することにより、血液をサラサラに保ち、ひいては心筋梗塞を予防することが可能と考えられています。

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ