慶応義塾大学医学部 血流循環停止後のマージナルドナー臓器を蘇生 -水素吸着合金キャニスターを用いた水素ガス保存液を開発-

慶應義塾大学医学部の研究グループは、株式会社ドクターズ・マン(代表取締役 橋本総)との共同研究により、臓器保存液の中に速やかに水素ガスを圧入することによって、高齢ミニブタ(ドナー)から摘出した血流が止まった状態で、ある程度時間が経過した傷害臓器を、移植可能な臓器へと蘇生させることを証明しました。本研究結果は、従来移植不適用なドナー臓器利用拡大の一助となると期待されます。

【慶応義塾大学プレリリース】

https://www.keio.ac.jp/ja/press-releases/files/2019/10/2/191002-3.pdf

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ