日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス: 198社の最新動向

日本の国家戦略「水素エネルギー」で飛躍するビジネス: 198社の最新動向 (SUPER DOCTOR SERIES)

自動車(FCV) にとどまらないインパクト。日本が世界をリードし160 兆円の巨大市場が出現する! 幅広い関連業界の動きを完全網羅。2020 年から本格化する「水素社会」の全体像を示した待望の書「EV シフト」を超えるメガトレンド!

日本が世界をリードし、160 兆円の巨大市場が出現する!

2020 年から本格的な拡大が予測されている「水素エネルギー市場」について、その全体像を初めて示した待望の書。

FCV( 燃料電池自動車) にとどまらない幅広い関連業界の動きを完全網羅し、関連企業の最新動向をレポートする。

◆これが日本の水素基本戦略のシナリオだ!(26 ページ参照)
水素ステーション 100 ヶ所( 現在) → 160 ヶ所(2020 年) → 900 ヶ所相当(2030 年)
FCV( 燃料電池自動車) 2000 台( 現在) → 4 万台(2020 年) → 80 万台(2030 年)
FC( 燃料電池) バス 2 台( 現在) → 100 台(2020 年) → 1200 台(2030 年)
FC フォークリスト 40 台( 現在) → 500 台(2020 年) → 1 万台(2030 年)
家庭用燃料電池( エネファーム)20 万台( 現在) → 140 万台(2020 年) → 530 万台(2030 年)

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ