理想的な水素電源とリチウム電源の展望

我々は次世代のクリーンエネルギーを求めて、より軽くて安価で取り扱いが簡単な液体気体併用の水素ガスタンク開発を推進しているが、競合する太陽光発電、リチウムイオン電池などとの有意差を明確にした研究は見当たらない。過去に多くの研究者が開発に参加した原子力エネルギーやメタンハイドレイトエネルギー利用研究成果が、社会環境変化で活用されない歴史があったことから、クリーンで移動・貯蔵性に富むこの水素ガス貯蔵移動とリチウム電池貯蔵移動の評価法を考える必要がある。本研究は、水素エネルギーで最もコストがかかる貯蔵・移動タンクの未来を知る立場から、この普及に対する研究成果の評価について研究した結果を報告する。

図1 は、我々が提案する未来型タンクの基本となる水素の相図と比重が大きい不活性の無機アルゴンガスの相図を重ね合わせたものである。図からほぼ同じ圧力領域(液化ガスH2:788Ar:772BAR)で比重が約20 倍異なる不活性のフロート機能がアルゴンに存在する。これを利用すれば、相図の特性から、図2に示すガスのタンク間移動チャージに高価な高圧ポンプや冷却設備が不要となる.

castage
Author: castage

受付時間:10:00-17:00 (土日祝日を除く)
今すぐ公式LINEを友だち追加 メールでのお問い合わせはこちら 電話でのお問い合わせへこちら