経産省、水素の利用拡大へ工程表改定 五輪までに供給施設を無人運営

経済産業省は12日、次世代エネルギーとして期待される水素の利用拡大に向けた工程表を3年ぶりに改定した。2020年の東京五輪までに、燃料電池車(FCV)に水素を供給する施設「水素ステーション」を遠隔監視で無人で運営できるようにする。

引用リンク:https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190313/mca1903130500006-n1.htm

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ