金属探針の接近による脱水素化反応の誘起とナノグラフェン分子の生成

 金属表面に有機分子を吸着させて加熱することで、 金属の触媒作用により特異的な反応を誘起させることができる。この「表面合成法」によって、構造が原子 レベルで規定されたグラフェンナノリボン 1,2) など、 既存の手法では合成が困難なナノ炭素物質を作り出すことができる。金属表面上に吸着した sp3 炭素原子を含む炭化水素は、加熱によって脱水素化・芳香族化などを起こし、sp2 構造の平坦な多環芳香族分子となる傾向がある。しかし、加熱中における反応を実験的に追跡することは困難であることから、その反応経路については結論が得られていない。本研究では、金属探針を「もう一つの金属表面」とみなし、探針を標的分子に接近させることで化学反応を単分子レベルで誘起することにより、その反応メカニズムを理解することを試みた 4)。

castage
Author: castage

受付時間:10:00-17:00 (土日祝日を除く)
今すぐ公式LINEを友だち追加 メールでのお問い合わせはこちら 電話でのお問い合わせへこちら