【知ってる!?】水素は次世代のエネルギー(2)有害物質を排出しない

水素をエネルギーとして利活用しようとする動きが広がっている。水素エネルギーには利用時にCO2(二酸化炭素)を排出しないという特長がある。 燃料の水素と空気中の酸素の化学反応によって発電した電気でモーターを回して走るFCV(燃料電池自動車)は、走行時に水のみを排出する。CO2だけでなく、NOX(窒素酸化物)やCO(一酸化炭素)、PM(粒子状物質)などの有害物質も排出しない。堺市水素エネルギー社会推進協議会によると、FCVのCO2排出量は、太陽光を活用した水素製造の場合、ガソリン自動車の10分の1程度まで削減されるというデータがある。

castage
Author: castage

受付時間:10:00-17:00 (土日祝日を除く)
今すぐ公式LINEを友だち追加 メールでのお問い合わせはこちら 電話でのお問い合わせへこちら