水素の物性と安全な取り扱いについて

 水素は、1766 年に英国の化学・物理学者ヘンリー・キャ ベンディッシュ(Henry Cavendish, 1731-1810)が、強酸 と金属の反応により生成されることを発見し、1783 年にフ ランスの化学者アントワーヌ・ラヴォアジェ(Antoine-Laurent de Lavoisier, 1743-1794)によって、水 を生み出すものを意味すhydrogène(英名:hydrogen) と命名された。

 それから 100 年の時を経て、フランスの作家ジュール・ ヴェルヌは、1874 年に発表した著書「神秘の島」の中で、石炭の枯渇後には水を水素と酸素に分解してエネルギーを得る時代が来ることを予言しているが、今まさに水素をエ ネルギーとして使う時代が訪れようとしている。

castage
Author: castage

受付時間:10:00-17:00 (土日祝日を除く)
今すぐ公式LINEを友だち追加 メールでのお問い合わせはこちら 電話でのお問い合わせへこちら