COVID-19患者が手術を必要とするとき、私たちがすること:手術室の準備と指導

 編集者に、ジャーナルで最近のレビューを興味深く読んでいます2019年コロナウイルス病に関するワックスとクリスチャン1(COVID-19(新型コロナウイルス感染症)。シンガポールでのCOVID-19の最初の症例2020年1月23日に確認された2日の週には2月13〜19日、世界保健機関はシンガポールは他のどの国よりもCOVID-19の症例が多かったと中国本土以外の国。3したい病院で準備に使用するプロトコルを共有する確認済みまたは疑いのある手術室(OR)COVID-19の患者が手術に来る。

 陰圧環境にあるORオペレーティングコンプレックスのコーナー、および独立したアクセス、確認された(または疑われる)すべてに指定されていますCOVID19事例。ORは実際には5つで構成されます相互接続された部屋、その前室と麻酔導入室は負の大気を持っています圧力。ORの適切な準備、およびスクラブルーム正圧を持っている(e図1補足資料[ESM])。を理解するOR内の気流は、感染。

 同じORと同じ麻酔器がCOVID-19の場合にのみ使用されます。エピデミック。追加の熱および水分交換器(HME)フィルターは、回路の呼気肢に配置されます。HMEフィルターとソーダライムの両方がそれぞれ交換されます場合。麻酔薬トロリーは誘導に保持されますルーム。各操作の開始前に、麻酔科医はすべての薬と機器を置きます取り扱いを回避するためにトレイ上での手順に必要事件の間の薬のトロリーの。それにもかかわらず、追加の薬、手指衛生、手袋の必要性変更は誘導室に入る前に行われます薬物トロリーの取り扱い。

 充実した気道トロリーも誘導室。可能な限り、使い捨て気道機器を使用しています。気道は、初めて成功する可能性が最も高い方法を含む気道の繰り返し計装を避けるビデオ喉頭鏡を使用して。供給が限られている機器、バイスペクトルインデックスモニターや注入ポンプなど、要求されるが、後に完全に拭き取られる必要がある使用する。

 図は、それぞれの役割と責任の詳細を示していますまたはチームメンバー。病院のセキュリティは病棟または集中治療室からのルートをクリアする(ICU)ORへ、エレベーターを含む。からの転送ORへの病棟は、病棟の看護師が全額担当します。ウェルを含む個人用保護具(PPE)フィッティングN95マスク、ゴーグルまたはフェイスシールド、防滴ガウン、ブーツカバー。ICUから来る患者のために、専用の輸送用換気装置が使用されます。避けるためにエアロゾル化、ガスの流れがオフになり、切り替え中に鉗子でクランプされた気管内チューブ換気装置の。ICUの職員は、完全なPPEを着用して移送用の電動空気清浄マスク(PAPR)。
誘導室では、誘導中にPAPRが着用されますから2 m以内のすべての担当者の麻酔の反転患者さん。次のような気道確保手術の場合気管切開術、すべてのスタッフが全体を通してPAPRを維持します手順。他の手順については、局所麻酔は望ましいが、全身麻酔が必要な場合は、管理の原則は以前のものと同様です公開されました。

 手順の間、ランナーは外に配置されますまたは、追加の薬物または機器が必要な場合。これらはのために控え室に残されるトロリーに置かれる取得するORチーム。これと同じプロセスを逆にすると動脈血ガスなどの検体の送出に使用サンプルおよび凍結切片標本。ランナーが着る控え室に入るときのPPE。ORを出た職員は使用済みのガウンを廃棄し、控え室で手袋をして、前に手指衛生を行います準備室を離れる(ESM、e図2)。PAPRは控え室の外に削除されました。必要としない患者術後のICUケアは手術室で完全に回復します自体。患者が退院の準備ができたら、隔離病棟またはICUは、セキュリティによって再びクリアされます。ケース間で最低1時間を計画ORスタッフが患者を病棟に送り返すことを許可し、すべての表面、スクリーン、キーボード、ケーブル、モニター、麻酔器。すべてドラッグトレイと気道トロリーの未使用のアイテムは汚染され廃棄されたと見なされます。すべてのスタッフが持っています通常の業務を再開する前にシャワーを浴びる。追加として予防、COVID-19症例の確認後、水素過酸化物気化器は、ORの除染に使用されます。

 要約すると、医療従事者はリスクが高いためコロナウイルス感染の包括的かつ堅牢な感染管理ワークフローが導入されました。

参考文献

1.ワックスRS、クリスチャンMD。重要なの実用的な推奨事項新規コロナウイルスをケアするケアと麻酔科のチーム(2019-nCoV)患者。Can J Anesth 2020; DOI:https : //doi.org/10.1007/s12630-020-01591-x 。

2.シンガポール政府。コロナウイルス病2019:症例シンガポール。次のURLから入手できます:https : //www.gov.sg/article/covid-シンガポールで19件のケース(2020年3月にアクセス)。

3.世界保健機関。コロナウイルス病(COVID-2019)状況報告。次のURLから入手できます:https : //www.who.int/緊急事態/病気/小説-コロナウイルス-2019 /状況報告(2020年3月にアクセス)。

4. Peng PW、Ho PL、Hota SS。新しいコロナウイルスの発生:何麻酔医は知っておくべきです。Br J Anesth 2020; DOI:https : //doi.org/10.1016 / j.bja.2020.02.008。

5. Wang D、Hu B、Hu Cなど。138の臨床的特徴2019年に新規コロナウイルスに感染した入院患者中国武漢の肺炎。JAMA 2019; DOI:https : //doi.org/10.1001 / jama.2020.1585。出版社のメモスプリンガーネイチャーは、公開された地図および所属機関における管轄権の主張。

castage
Author: castage

        PCの施設検索バナー
臨床水素治療研究会会員医院・病院を検索 事務局にメールで直接問い合わせ